FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックHDC-TM750 世界初家庭用ハイビジョン3Dカメラ

2010-07-28

家庭用3Dムービーカメラ登場

遂に家庭用ハイビジョン3Dムービーカメラが発表されました。家庭用世界初もパナソニックがゲット!しました。
HDC-TM7501.jpgパナソニックの家庭用ムービーカメラの最上位機種にあたるTM750とTM650が家庭用としては世界初になる3D対応ムービーカメラとし発売されます。
3D記録方式はサイドバイサイド方式を採用、一つの画面の右側半分に右目用の画像、左側半分に左目用の画像を記録、3D対応のテレビなどで3D放映できます。スカパーなどの3D放送と同じ方式です。
(サイドバイサイド方式で記録した3D映像を3D非対応のテレビで視聴した場合、1フレームを左右2つに分割して再生されます。)

通常撮影(2D)では家庭用AVCHDでは初の1080iフルハイビジョンで撮影が可能、3D撮影時はフルハイビジョンでは記録されないようです。1画面に左右の映像を記録させるサイドバイサイド方式では、縦方方向の解像度がハイビジョンの半分になっているので記録が1080iフルハイビジョンで記録されても厳密にはフルハイビジョン画質ではありません…3DBlueRay以外では、当面この方式が業界標準なると思われます。
パナソニックは業務用でフルフレームの2映像の同時録画が可能なカメラ「AG-3DA1」もこの9月に発売を予定しているので、プロフェッショナル向けの業務用、コンシュマー向けの家庭用共に世界で最初に発売するメーカーになりパナソニックの3Dへの本気度が伺い知れます。

続きを読む

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

tag : パナソニック 3Dカメラ サイドバイサイド方式 家庭用

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
参考文献・参照サイト
3D・SEO
  • SEO
  • loading
  • 3Dnews
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。