FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dポルノ「3D肉蒲団=セックス・アンド・ゼン」がアバターを抜いて歴代1位に

2011-04-25

以前このページでも紹介した。世界初の3Dポルノと話題になった「3D肉蒲団之極楽宝鑑」の続報ニュースです。

香港で14日に公開された世界初の3Dポルノ映画「セックス・アンド・ゼン」の初日の興行収入が280万香港ドル(約2950万円)と大ヒットした3D映画「アバター」(260万香港ドル)を抜き、歴代1位となったことが分かった。
AFP通信
制作者・出演者のインタビュー(中国語)


日本人女優の周防ゆきこ、原紗央莉も出演している。(以前のニュースで原紗央莉が主役と書いてましたが出演ですね^^;スミマセン)

早くも続編制作の話もあるそうです。

レコードチャイナ:3Dポルノ映画「3D肉蒲団」、鑑賞ツアー参加...
レコードチャイナ:世界初の3Dポルノ映画を見るために香港に行こう

3D肉蒲団之極楽宝鑑 official Trailer 1


3D肉蒲団之極楽宝鑑 official Trailer 2

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

tag : 3D映画 裸眼3D

レンチキュラー【lenticular】方式

2010-10-06

レンチキュラー方式東芝のグラスレス3Dレグザ-REGZA-GL1シリーズなどで採用されている3D表示技術。メガネを用いない裸眼3Dテレビを実現する方法として小型・中型サイズの液晶画面ではこのレンチキュラー方式がメインストリームとなりそうで注目されている。

レンチキュラーシートの仕組みが分かりやすく紹介されているブログがあったので興味の有る方は是非御覧ください。シート状のレンチキュラーレンズを用いて、見る角度によって絵柄が変化したり、立体感が得られたりする印刷物の総称として用いられてきた。数cm角の小型のものから、建物の壁面に取り付けられている広告板などの大型のものまである。

レンチキュラーの原理

レンチキュラーの構造は、レンチキュラー画像と呼ばれる画像の上に、表面に微細な細長いカマボコ状の凸レンズが無数に並んだシート(レンチキュラーレンズ)が配置されている。シートは透明なプラスチック製のものが使われている。画像を印刷した印刷物の上にシートを貼り合わせるか、シートの裏面に直接画像を印刷して作られる。
レンチキュラー画像は、2つ以上の画像を細長く短冊状に切り、切った画像をインターレース状に順番に並べて1枚の画像にする。画像の1つの細片ごとに1つの凸レンズが載るように貼り合わせる(または印刷する)必要がある。位置がずれてしまうときれいに見ることができない。
※ホログラムと似た効果を産むが原理的には違う。

レンチキュラーを用いた3Dテレビ

レンチキュラーレンズをシート状にしたレンチキュラーシートを画面全面に設置し、それに応じた画像を生成することで3D立体視可能にする。REGZA-GL1シリーズの場合は、独自の映像処理LSIと多視差変換LSIを使用することにより、9つの映像(9視差映像)をリアルタイムに生成し、液晶パネルから垂直レンチキュラーシートを通して映し出すことで、高画質3D映像を実現している。
仕組み的に小型・中型に適していると言われているレンチキュラー方式ですが、東芝では50インチまでテスト生産を初めているようで、どこまで大型化出来るかが鍵になりそうです。

ニンテンドー3DSもレンチキュラー

2011年春に発売が予定されているニンテンドーDSの3D対応版【NINTENDO3DS】もレンチキュラーシートを用いた3D視聴を可能にしている。
他にも、携帯・PDAなど小型液晶を用いた機器が続々発売される予定で、小型・中型の液晶テレビや端末ではレンチキュラーシートを用いた方式が中心に展開していくようです。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

tag : 3Dの原理・しくみ レンチキュラー 裸眼3D

メガネの要らない3Dテレビ発売!グラスレス3Dレグザ-REGZA-GL1シリーズ。

2010-10-04

メガネ不要の3D液晶TVが年内発売開始!

グラスレスレグザ20GL1東芝が家庭用テレビとしては、世界で初めて専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」として、パーソナルサイズの20V型「20GL1」と12V型「12GL1」の2機種を商品化し、12月下旬から発売します。

「20GL1」は20V型で価格はオープン、12月下旬発売予定。フルHD映像の約4倍の総画素数約829万画素を持つ液晶パネルを採用。1フレームの画像からリアルタイムに作られた9枚の画像を同時に表示させる9視差映像描画に対応し、1280×720画素の映像表示を可能にした新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」を搭載。バックライトは1440個のLEDを液晶直下に配置し、明るい3D映像を実現。

グラスレスREGZAシリーズでは、自然で見やすい3D映像の視聴のためにインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用しました。この方式は、視聴位置に応じて、位置や角度が異なる複数の映像を同時に映し出すもので、視聴者は左右それぞれの目で異なる映像を捉えることにより、専用メガネがなくても立体映像として認識することができます。GL1シリーズではこの原理を応用し、独自の映像処理技術により、9つの映像(9視差注3映像)をリアルタイムに生成し、液晶パネルから垂直レンチキュラーシートを通して映し出すことで、高画質3D映像を実現しました。

「20GL1」では、フルHD映像の約4倍の画素数を持つ新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」と高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine™」を搭載した新開発の「グラスレス3D専用CELLレグザエンジン」との相乗効果により、精鋭感ある3D映像を可能にしました。


グラスレス3D専用LEDパネルを図解

3D専用LEDパネル:東芝レンチキュラーシート図解:東芝


テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

tag : 3Dテレビ TOSHIBA レンチキュラーシート 裸眼3D

裸眼で3Dに関する10ニュースのまとめ

2010-07-22

3Dメガネ不要の裸眼3D映像に関する10の3Dニュース

3Dは気になるけど…「メガネかけるのはどうもなぁ~」と敬遠されてる方は結構多いんじゃないでしょうか?
各言う私も普段がメガネ生活なので、二重でメガネを掛ける不快感もあり早く裸眼3Dテレビの登場を切望している一人なんですが…
先日、3Dニュースで紹介したソニーの「RayModeler」意外に有望な次世代技術を探してみましたので、ニュースを10個まとめてを紹介してみます。

続きを読む

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

tag : 次世代3D 裸眼3D パララックスバリア方式

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
参考文献・参照サイト
3D・SEO
  • SEO
  • loading
  • 3Dnews
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。