FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dポルノ「3D肉蒲団=セックス・アンド・ゼン」がアバターを抜いて歴代1位に

2011-04-25

以前このページでも紹介した。世界初の3Dポルノと話題になった「3D肉蒲団之極楽宝鑑」の続報ニュースです。

香港で14日に公開された世界初の3Dポルノ映画「セックス・アンド・ゼン」の初日の興行収入が280万香港ドル(約2950万円)と大ヒットした3D映画「アバター」(260万香港ドル)を抜き、歴代1位となったことが分かった。
AFP通信
制作者・出演者のインタビュー(中国語)


日本人女優の周防ゆきこ、原紗央莉も出演している。(以前のニュースで原紗央莉が主役と書いてましたが出演ですね^^;スミマセン)

早くも続編制作の話もあるそうです。

レコードチャイナ:3Dポルノ映画「3D肉蒲団」、鑑賞ツアー参加...
レコードチャイナ:世界初の3Dポルノ映画を見るために香港に行こう

3D肉蒲団之極楽宝鑑 official Trailer 1


3D肉蒲団之極楽宝鑑 official Trailer 2

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

tag : 3D映画 裸眼3D

THX3D認証取得のモニター・プロジェクター

2010-11-06

THX.jpg各社でそろった感のある3Dテレビ3Dプロジェクターですが、ここ数日のニュースで「世界初THX認証取得」って文字がやたら目に付くようになってきました。
商品が先進性だけでは無くクオリティー&付加価値を付けないと3Dも売れないのでしょう。

THX 3D ディスプレイ規格とは

映画監督のジョージ・ルーカスが設立したTHX社は、映画館に対する厳しい基準を設けました。スクリーンの材質、スピーカーの種類、壁の材質、反響音、映写機のランプ、ドアの質と、細かに数値化したリストを作りました。この基準を全てクリアすると、映画館には「THXシアター」の称号が与えられます。THXシアターとは、映画制作者の意図通りに映画が再生できるということを環境、設備を備えている証明を与えられる規格と言えます。

なぜTHXが必要だったのか、20数年前、ジョージ・ルーカスが映画館で自分の作品を見た際、サウンドが自分の意図したものとあまりにもかけ離れていることに愕然としたそうです。 映画の表現力において、「映像」と「サウンド」は「50・50」、つまりどちらも同等に重要と考えていたルーカスは、世界中の映画館で、自分の意図した通りの映像とサウンドを再現するために、映画館に関する「規格」が必要と考えたと言うことです。
当初は、音響設備の規格というイメージが強かったのですが現在では劇場全体のクオリティーを判断する一つの指標として普及しています。

世界初のTHX3D認証取得の液晶テレビ

2010年11月発売のシャープのAQUOSクアトロン3D・LBシリーズ(52V型・46V型)が、液晶テレビとして世界で初めて「THX 3D 認定ディスプレイ規格(THX 3D Certified Display Program)」を取得しました。

世界初のTHX3D認証取得のフロントプロジェクター

2010年12月上旬発売のビクターDLA-X7はフロントプロジェクターとしては世界で初めて、THX社が定める『THX 3Dディスプレイ規格』を取得しました。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

tag : 3D映画 3Dテレビ 3Dプロジェクター

ハリー・ポッター最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」3D公開を断念

2010-10-14

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1シリーズ第7弾にして最終章となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、前・後編の2部作構成。その前編に当たる『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』3D化を断念し、急きょ2Dでの劇場公開が決定した。
昨年の2月から撮影が開始され、今年6月中旬に1年4か月の時を経て撮影が終了した本作。現在、編集作業がクライマックスを迎えているが、当初予定していた全編3D化を断念し、公開日を変更することなく2Dで公開すると発表した。制作チームが最善の形だと信じて決定したのだが、ファンにとっても3Dと2Dのどちらでも、期待を裏切らない出来栄えであれば問題ないだろう。本ポスターは今月16日より、全国の主要劇場に登場する予定。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は11月19日、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は2011年7月15日より丸の内ピカデリーほか全国公開予定。

テーマ : 3D立体映画
ジャンル : 映画

tag : 3D映画

制作費8000万ドルの3D映画、アンジーに続きポートマンも辞退

2010-10-07

次は誰にオファーされる?

アルフォンソ・キュアロン監督(「天国の口、終りの楽園。」「トゥモロー・ワールド」)がメガホンをとる、製作費8000万ドルの3D大作「グラビティ(原題)」の主演に指名されていたナタリー・ポートマンが、辞退したことが分かった。ポートマンが指名される前には、アンジェリーナ・ジョリーが同じ役を辞退している。

テーマ : 3D立体映画
ジャンル : 映画

tag : 3D映画

ラビット・ホラー3D - 清水崇監督 AG-3DA1で撮影

2010-09-06

小型一体型3DカメラAG-3DA1で撮影した新作映画

ラビットホラー3D『呪怨』や『戦慄迷宮3D』で知られる清水崇監督の最新作『ラビット・ホラー3D』の撮影が現在行われており、その映像の一部が現在開催中の第67回ヴェネチア映画祭でお披露目されることがわかった。

前作『戦慄迷宮3D』で日本初の本格3D映画に挑んだ清水監督の最新作は『ラビット・ホラー』は、3D映画のスクリーンから飛び出してきたウサギのぬいぐるみを手にしてしまった姉弟が次々と不可思議な出来事に巻き込まれていくホラー作品。『川の底からこんにちは』『愛のむきだし』の満島ひかりが主演を務め、香川照之、大森南朋、緒川たまきらが出演する。

本作『ラビット・ホラー3D』はパナソニックが開発した世界初の3Dカメラ(一体型二眼式カメラ)パナソニックAG-3DA1にて撮影を行った。世界的なカメラマン、映画『恋する惑星』『HERO』のクリストファー・ドイルを撮影監督に迎え、話題の3D映画をより進化させた野心作。アメリカ映画が作り出す3D映画では表現しきれていない、物体が前に飛び出してくるという表現をはじめ本格的三次元映画に仕上がっている。

清水監督は本年度のヴェネチア映画祭の「3D映画部門」の審査委員長を務めることが決定しており、セレモニーで本作のフッテージが上映される予定。

『ラビット・ホラー3D』は2011年公開予定。

主演:満島ひかり

満島ひかり注目の若手女優。最近では人気コミックをドラマ化した。テレビ東京ドラマ24「モテキ」という深夜ドラマで主人公(森山未來)を翻弄するサブカル系女子「中柴いつか」役でヒロインを演じる。自然な演技と小悪魔的魅力で注目を集める若手女優である。
沖縄アクターズスクールの出身でデビューは「Folder 5」というアイドルグループで「HIKARU」として活動を始めた。
沖縄出身で祖父がフランス系アメリカ人のクォーターである。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

tag : 3D映画 パナソニック

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
参考文献・参照サイト
3D・SEO
  • SEO
  • loading
  • 3Dnews
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。