FC2ブログ

Home > 3Dテレビ Archive

3Dテレビ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマーク - スポンサーサイト

THX3D認証取得のモニター・プロジェクター

  • Posted by: 3dnews
  • 2010-11-06 Sat 15:34:24
  • 3Dテレビ
THX.jpg各社でそろった感のある3Dテレビ3Dプロジェクターですが、ここ数日のニュースで「世界初THX認証取得」って文字がやたら目に付くようになってきました。
商品が先進性だけでは無くクオリティー&付加価値を付けないと3Dも売れないのでしょう。

THX 3D ディスプレイ規格とは

映画監督のジョージ・ルーカスが設立したTHX社は、映画館に対する厳しい基準を設けました。スクリーンの材質、スピーカーの種類、壁の材質、反響音、映写機のランプ、ドアの質と、細かに数値化したリストを作りました。この基準を全てクリアすると、映画館には「THXシアター」の称号が与えられます。THXシアターとは、映画制作者の意図通りに映画が再生できるということを環境、設備を備えている証明を与えられる規格と言えます。

なぜTHXが必要だったのか、20数年前、ジョージ・ルーカスが映画館で自分の作品を見た際、サウンドが自分の意図したものとあまりにもかけ離れていることに愕然としたそうです。 映画の表現力において、「映像」と「サウンド」は「50・50」、つまりどちらも同等に重要と考えていたルーカスは、世界中の映画館で、自分の意図した通りの映像とサウンドを再現するために、映画館に関する「規格」が必要と考えたと言うことです。
当初は、音響設備の規格というイメージが強かったのですが現在では劇場全体のクオリティーを判断する一つの指標として普及しています。
THX - Wikipedia

世界初のTHX3D認証取得の液晶テレビ

2010年11月発売のシャープのAQUOSクアトロン3D・LBシリーズ(52V型・46V型)が、液晶テレビとして世界で初めて「THX 3D 認定ディスプレイ規格(THX 3D Certified Display Program)」を取得しました。
ニュースリリース:シャープ

世界初のTHX3D認証取得のフロントプロジェクター

2010年12月上旬発売のビクターDLA-X7はフロントプロジェクターとしては世界で初めて、THX社が定める『THX 3Dディスプレイ規格』を取得しました。
DLA-X-7|ビクター

メガネの要らない3Dテレビ発売!グラスレス3Dレグザ-REGZA-GL1シリーズ。

  • Posted by: 3dnews
  • 2010-10-04 Mon 17:23:10
  • 3Dテレビ

メガネ不要の3D液晶TVが年内発売開始!

グラスレスレグザ20GL1東芝が家庭用テレビとしては、世界で初めて専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」として、パーソナルサイズの20V型「20GL1」と12V型「12GL1」の2機種を商品化し、12月下旬から発売します。

「20GL1」は20V型で価格はオープン、12月下旬発売予定。フルHD映像の約4倍の総画素数約829万画素を持つ液晶パネルを採用。1フレームの画像からリアルタイムに作られた9枚の画像を同時に表示させる9視差映像描画に対応し、1280×720画素の映像表示を可能にした新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」を搭載。バックライトは1440個のLEDを液晶直下に配置し、明るい3D映像を実現。
GIGAZINE

グラスレスREGZAシリーズでは、自然で見やすい3D映像の視聴のためにインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用しました。この方式は、視聴位置に応じて、位置や角度が異なる複数の映像を同時に映し出すもので、視聴者は左右それぞれの目で異なる映像を捉えることにより、専用メガネがなくても立体映像として認識することができます。GL1シリーズではこの原理を応用し、独自の映像処理技術により、9つの映像(9視差注3映像)をリアルタイムに生成し、液晶パネルから垂直レンチキュラーシートを通して映し出すことで、高画質3D映像を実現しました。

「20GL1」では、フルHD映像の約4倍の画素数を持つ新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」と高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine™」を搭載した新開発の「グラスレス3D専用CELLレグザエンジン」との相乗効果により、精鋭感ある3D映像を可能にしました。
東芝:ニュース「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」


グラスレス3D専用LEDパネルを図解

3D専用LEDパネル:東芝レンチキュラーシート図解:東芝


TH-P50VT2

  • Posted by: 3dnews
  • 2010-07-27 Tue 17:12:09
  • 3Dテレビ

3D VIERA TH-P50VT2 パナソニック

パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP50VT2 TH-P50VT2
品番:TH-P50VT2 発売月:2010年04月
画素数(水平×垂直):1920×1080 
消費電力:472W (待機時消費電力:約0.1W)※1 
年間消費電力量:217kWh/年※2

外形寸法:テレビスタンド含む
幅:1224mm 高さ:810mm 奥行:335mm
質量:約30.5kg(テレビスタンド含む) 

本体希望小売価格:オープン価格

世界初のプロ野球3D生中継は「阪神タイガースvsヤクルト戦」

  • Posted by: 3dnews
  • 2010-07-23 Fri 16:02:53
  • 3Dテレビ
記念すべき世界初のプロ野球3D生中継は、2010年7月8日に甲子園で行われた、阪神タイガースvsヤクルトスワローズでした。甲子園で行われた同試合は、世界で初めてのプロ野球3D生中継。
7月10日11日にアメリカで行われる予定だったマリナーズ対ヤンキースの3D生中継より一足早く日本が世界で最初のプロ野球3D生中継を放送した。

やっぱち2番じゃダメなんです!1番じゃないと!

放送は「ひかりTV」のオンデマンド放送で行われた。
プロ野球の阪神戦で3D生中継 8日ひかりTV

Index of all entries

Home > 3Dテレビ Archive

3D カオス
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
参考文献・参照サイト
3D・SEO
  • SEO
  • loading
  • 3Dnews

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。